リフォーム

築年数10年目以降から、さらに長く維持する為のメンテナンスを兼ねたリフォーム工事の時期を向かえます。外壁や屋根などは、直射日光・雨風を直接受けているため、必然と劣化が進んできますが、放置し続けると雨漏りの原因などにもなりやすいので、早めのお手入れする事をお勧めしております。

また、設備器具などは年々利便性も進化しており、様々な機能がプラスされているため、設備器具の入替えなどもリフォームのきっかけにはなるでしょう。そして、御家族の成長に伴い手狭さを感じたり、また逆に独立などによって部屋が空室になり趣味の部屋に使いたいなど、そこに住まわれる方々の思いも年々変化していきます。そうした物理的な面の不都合や、精神的な不満解消などを書き出し、住空間をもう一度一から見つめ直し、先々を見据えて、どこをどのように修繕するのかをまとめていく事が堅実であり大切なことだと考えます。もちろん、それらを形にするために予算も関係してきますので、修繕箇所の優先順位をつけておくのも有益でしょう。

リフォームを考えるにあたっては、修繕箇所のチェックと共に、一度にするのか、分けてするのかなど考える上での目安がこちらのチェックシートです。下記の通り、リストアップしていますので、ご参考までにご活用下さい。

 

 

 

リフォーム箇所や内容が決まりましたら、次は見積作成依頼です。リフォーム資金については、リフォームローンもご利用頂けます。当社ではローン手続きも行っておりますので、お気軽にご相談下さい。




リフォームは住みながら工事を行いますので、大規模リフォームの場合は、一旦居住移転をして頂くケースもまれにあります。こうした場合も、当社では仮住まいをお探しし、ご紹介させて頂きます。

リフォームは本当に小規模から大規模まで幅広くありますので、お気軽にご相談いただけましたら、お応えさせて頂きますので、まずはご連絡下さい。