住宅建築の流れ

1.打ち合わせ
住宅建築も今やローコスト住宅から高性能住宅まで幅広くお客様のニーズに応じ、建物そのものに変化が生じて参りました。タクミホームは時代に応じた多様性を重視し、一からプランを考えご提案させて頂く完全な注文建築です。御家族皆様の住宅に対する思いを形にするためにも、まずはしっかりプランの綿密な打ち合わせを。そして、それをかなえるための予算の確保も早期の段階で住宅ローンなどの審査もお勧めさせて頂いております。プランの打ち合わせと予算確保は平行して行っていく事で、夢を現実の形に近づけて参ります。
2.プラン作成と修正
打ち合わせした内容を図面作成して参ります。図面上、お客様に確認を頂きながら、ご満足いくプランに至るまでを一緒に作成して参ります。ご希望などは御遠慮なくお申し付け下さい。                        
3.設備等仕様の打ち合わせ
プランが確定しましたら、設備器具などショールームにもご見学して頂きます。キッチンやユニットバスやトイレなど、実際にご確認頂き一つ一つお選び頂きます。また、サッシや扉、外壁や屋根、電気コンセントなどの位置や個数なども決めていきますので、この仕様打ち合わせは、注文住宅を作り上げる上で大変な時間を要しながらも、充実したものになると思います。                          
4.ご契約
プラン仕様も確定しお見積金額が確定しましたら、ご契約締結となります。資金計画については、一般的に自己資金と住宅ローンの併用が主流ですので、ローン手続きが円滑に進められるよう、建築資金のお支払時期についても、契約書にも記載しております。また同時に工事の着工時期及び完成引渡し日の予定がここで立ちますので、地鎮祭の日程を決め、先行し執り行っております。 
5.地鎮祭~地盤調査~着工
地鎮祭とは、工事の着工安全祈願と共に、ここに末永く住まわれるお客様の健やかに家内安全も兼ねたお払いの神事です。工事の着工前に執り行いますが、お客様の宗教上の都合により、差し控えるケースもございますので御遠慮なくお申出下さい。地鎮祭が完了し、最初に地盤調査を行い、強度を調べます。十分な地盤の固さの場合、そのまま着工へと進みますが、万が一強度が低い場合ですと、土壌改良工事を行います。そして、建築確認申請がおりて来ましたら、建物の工事を開始致します。 
6.上棟式
基礎工事が終わりましたら、いよいよ柱を立てて屋根の下地までつくる上棟を行います。一昔前ですと、上棟式もお祝い事とし、御祝儀や御祝酒などの振る舞いなどもございましたが、今ではお客様の御意向に沿い、対応させていただいております。従来通りお客様が当日建築場所で上棟作業を見学頂くのも自由ですし、また当日来ないケースも当社では問題なく対応させていただいております。
7.中間検査
上棟が終わりますと、行政による中間検査がございます。こちらの検査を受け合格しますと、予定通りの工程を進めていく事が出来ます。                                      
8.内装仕様などの打ち合わせ
工事が進んで行きますと、残りは内装の仕様をお客様に決めて頂きます。主には、壁天井などのクロスを決めていきます。また、照明器具やカーテンなどもご提案させて頂き、選んで頂きます。外構工事なども検討されるお客様は、このタイミングでお申出いただければご提案しお見積りもさせて頂いております。
9.社内検査及び完了検査
建物が完成に近づいてきましたら、最後は社内検査及び行政による完了検査を行います。共に合格した後、お客様へ鍵の引渡しをさせて頂きます。                       
10.建物引渡し
建物が完成しましたら、最後は鍵のお引渡しを行います。鍵のお引渡し時、設備器具の使用説明を行い、鍵と一緒に全てのカタログ書類をお渡し致します。

いかがでしたか?以上が住宅建築の一般的な流れになっております。土地を所有していない場合は、同時に土地の売買契約も行い、土地取得後工事を着工致しますので、別途お手続きが必要になってきます。土地売買につきましては、当社では、お客様のご要望に応じ、エリアや予算を考慮し一から検索しご提案させて頂きますので、ご安心下さい。